ニードル脱毛よりも光り脱毛が優れている理由

a0001_013692

 

 

h4夏でもできちゃう全身脱毛! 時代は光

 

 

以前の脱毛方法だと”ニードル(電気針)脱毛“と言って毛穴1つ1つに処理をしていく為に脱毛に行く前は毛穴の場所を確認する為に”“を伸ばしておく必要がありました。
その為、脱毛は冬の間にとりかかろう。という認識がありました。

僅かに痛みもあり値段も高額でしたので、敷居が高く気軽に利用できない問題がありました。

 

ところが時代はすっかり”光り脱毛“へと変わってきました。
光脱毛は患部全体に光を当てていく施術方法ですが”“を伸ばしておく必要がないので、夏でも安心。

逆に”“を伸ばしておくとダメージが強くなるので施術前に自己処理をお願いされます。

 

自己処理も簡単で、毛根に”“がついている必要があるので、“毛抜き“や”テープ“から”カミソリ“に変えておくだけでいいのです。
光脱毛は痛みも無く、施術時間もとても短いので気軽に通えて、値段もとてもリーズナブルになりました。

 

施術間隔は最初は1、2ヶ月間を空けて通いますが、毛量が少なくなるにつれてだんだんと3〜4ヶ月と期間を開けて通う様になります。

全ての脱毛期間を終了していなくても1回の1回の施術を受けてから数週間は自己処理の必要もなくなるのでとても楽ですよ。

 

自己処理を続けていくと、鳥肌や毛穴の黒ずみ、色素沈着など肌へのダメージが増えていくのでなるべく早くいくのがお勧めです。

 

脱毛してみようかな」と思っている人はとりあえず体験で施術を受けてみるといいですね。

思っているよりもずっと簡単なので抵抗無く通う事が出来ますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ