東京美容外科で受ける事が出来る小顔BNLS注射の特徴

年齢を重ねてくると表情筋が衰えてくるので顔がたるんできてしまいます。

それによりたるみを解消して小顔にしたいと考えて注射を打つ女性も増えてきています。

 

いろいろな美容外科で小顔注射を受ける事が出来ますが、最近人気となっているのは東京美容外科で受ける事が出来る小顔BNLS注射です。

そこで東京美容外科で受ける事が出来る小顔BNLS注射の特徴を見ていく事にしましょう。

 

・顔の蓄積された脂肪を溶解してたるみを解消する事が出来る

 

東京美容外科で受ける事が出来る小顔BNLS注射は顔に余分な脂肪が蓄積されてたるみが出てきた部分に注射をして脂肪を溶解していきます。

それで顔に蓄積された脂肪が溶解されるとたるみが解消されてフェイスラインが引き締まってきます。

 

注射をしてから3日~5日程度で効果が出ると言われているので短期間で小顔効果を得たい人はオススメです。

 

・傷跡が残らないのがメリット

 

美容外科で小顔の施術を受ける時はメスで切開する方法もありますが、傷跡が残ってしまうので不安を感じてしまう女性もいます。

しかし東京美容外科で小顔BNLS注射を受ける時はメスを使用する事はないので傷跡が残る事がありません。

 

施術後に傷跡を隠したりする必要もなくなるのでメリットに感じる女性も多いです。

 

・副作用が軽いのがメリット

 

美容外科で小顔の施術を受けた後は腫れなどの副作用が出る事が多いですが、東京美容外科で小顔BNLS注射を受けた後は腫れが少ないのですぐ日常生活に復帰する事が出来ます。

仕事を休む必要もないので副作用軽い点をメリットに感じる女性も多いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ